誕生日に誘拐しちゃおう!本当にあったディズニーランドでのサプライズとは?

birthday-present-epi06

Sponsored link



当時仲の良かった友達数人同士で誕生日にサプライズを企画するのがお約束になっていた私達。

たまには予想外ができないような大掛かりな事がしたいと計画して…みんなが大好きなディズニーへ友達を誘拐する事に決定しました。

この記事ではサプライズパーティを考えている人に、実際にしたやり方をご紹介します。

ディズニー誘拐計画

このサプライズを企画したのは、20代前半の専門の頃からの仲良しの友達の誕生日に計画したものでした。

当時私は専門で同じクラスだった友人数人と卒業後も仲が良く、よくみんなで集まっていてその中の誰かが誕生日の時はみんなでサプライズをするのがお約束になっていました。

そしてまた友達1人の誕生日が近づき、サプライズを計画していた私達は、サプライズをするようになって数回が経ちマンネリしてきたと感じ、そろそろ本人が予想できないようなびっくりするような事をしたいねとみんなで話していました。

そして計画したのがディズニー誘拐計画。

その友達はディズニーが好きだったので、なんとか内緒でディズニーへ連れて行って、その日1日ディズニーでの時間をプレゼントしようというものでした。

 

誕生日当日、友達をサプライズに

そして色々話し合い計画を立てた私達は、当日実行する事に。

その日は友達の中の1人にそのターゲットの子に、用事があると言って会う約束をしてもらいました。

そして私達は朝早くからその待ち合わせ場所までレンタカーを借りてみんなで移動。約束をした友達だけ待ち合わせ場所で待ち、私達他のメンバーはちょっと離れたところに車を停めて、ターゲットの子が来るのを待っていました。

そして時間通り、ターゲットの子も待ち合わせ場所へ現れました。

そこで私達は車を降りこっそりと待ち合わせ場所まで接近。
メンバーの1人の合図で一斉にターゲットの子の所へ走り、みんなでその子の腕を掴んで「大人しくしろ」と連行。

ターゲットの子はみんなの顔を見て笑いながら戸惑っていました。そしてみんなで車に戻るとすぐに出発。
ターゲットの子は理由を聞いてきましたが、私達は「お楽しみ」と言って詳しい事は教えませんでした。

そしてディズニーに近付いたところでターゲットの子にアイマスク。
ディズニーの駐車場に着いたところでアイマスクを外してもらい、その瞬間にみんなでクラッカーを鳴らし「お誕生日おめでとう」とお祝いをしました。

ターゲットの子に事前に買っておいたディズニーのパスポートを渡しました。

その子はやっとサプライズという事とディズニーに連れてこられたという事を認識したようで大興奮でした。

彼女の反応に私達も大満足。

その日は1日みんなでディズニーを楽しんで、夜はパーク内のレストランでターゲットの子にごちそうをしてあげました。

 

本当にあったサプライズ

するとびっくりしたことがあって。

その日私達はバースデイケーキは用意していなくて、レストランにあったちょっと小さめのホールケーキを買ってあげたのですが、店員さんが持ってきてくれたケーキを見るとなんとHappyBirthdayと書かれたチョコのプレートが。

誕生日の子がいると知った店員さんが急遽用意してくれたんです。

これには私達みんなもサプライズされてしまい、本当にディズニーは夢の国だなと感動しました。

ターゲットの子は本当に満足してくれたみたいで、帰りの車の中で何度もお礼を言ってくれました。

 

最後に

サプライズプレゼントは物じゃなくても、場所や思い出だけでもとっても嬉しいものなんですよね。

特にディズニーはキャストの人もみんな優しくてこんな粋な事をしてくれたりするので、サプライズには絶好な場所です。

 

Sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です