【誕生日エピソード】同僚の女性からの靴のプレゼント。今は・・・

588aaa3f02b432c4ce6d4bf36e4efd1d_m

Sponsored link



会社の同僚の女性から男性に贈られたプレゼントのエピソードです。いいなと思っている異性がいる場合の参考になるのではないでしょうか?

 

とても貴重なプレゼント経験

人にプレゼントを頂く事はあっても、なかなか誕生日プレゼントとなると仰々しくなるので頂かない事にしていたのです。しかし会社の同僚の女性が、誕生日プレゼントをくれました。家に帰って開けてみると大した事にない靴に見えたのですがさっきまで会社で働いていた時に履いていた靴と同じでした。

私が玄関に行き今日まで履いていた靴を見ると、少し汚れていた上に横の糸が解れ、少し開いていたのです。同僚の女性はたまたま私の誕生日を把握している関係上見るに見兼ねてプレゼントを下さったのだと思いました。

一言だけメッセージが添えてありました。「お誕生日おめでとう御座います、誰にも気付かれずに履き換えてね」と。。。
この同僚女性の優しさと気遣いにとても感激した事を覚えています。もしかしたら、私は会社の中でもだらしない風体をした人間だと思われるところを同僚女性は救ってくれたのです。

以来、私は彼女の誕生日にプレゼントを用意して彼女に贈っています。私から贈るものは、その時の流行りや彼女の欲しい物を聞き出し贈ってますが、彼女は今年の冬、結婚する事が決まり、会社内でのプレゼント交換は今年が最後になりました。

また、きっとプレゼントをする機会に恵まれる事もあると思います。それは彼女が私の元へ嫁いで来てくれるからです。きっとお互いの誕生日は一緒に祝い、一緒に何かを買いに行き記念に大事にするものだと思います。

当時、最初にプレゼントされた靴は大事に残してあります。
営業なので靴底がすり減り、かなり傷んでいますがあの時の思い出や嬉しさは生涯残しておいて色々な教訓にしたいと思っています。彼女からは「捨てなさいよ」と言われていますが、私自身、これが本当の人生のスタートだと思うと捨てられませんでした。

 

まとめ

素敵なエピソードではないですか?何気ない気を使ったプレゼントは男性でも女性でも嬉しいものです。
同じ靴を贈るというのは参考になると思います。

Sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です