知育玩具の選び方!0歳から3歳の子供に渡す誕生日プレゼント

child-chiikuhobby

Sponsored link



子供の誕生日プレゼントで何をあげたらいいんだろう?そんなパパママも多いかと思います。子供のプレゼントで常に人気なのが「知育玩具」です。

子供の成長に合わせた知育玩具の選び方をご紹介します。

 

0歳時

私が子供が生まれた時、0歳児から1歳児あたりまでは、我が子の眠るベッドの廻りには二冊の絵本を置きました。子供がそれらを観る目線を見ながら絵本の位置や開くページを替えて、何に興味を持っているのか、又見やすい位置はどのあたりなのかと、試行錯誤の新米親の奮闘時期です。

子供が本能的にどんなものに興味があるのかを探る時期です。

 

1歳児

そして1歳児の誕生日を迎えた時の誕生日プレゼントは、軽い木製の積木の玩具を購入しました。

1歳になると、歩行もよちよちながらし出し色んなモノを触る事を覚えてくれます。一番最初に触る物は、極力自然のぬくもりを感じる物が良いとのことで、主人と相談して木製品にしました。

この自然にものに手で触れるというのは子供にとっては良いようです。
普段からも公園の散歩時には、危険物が無いような芝生や土の上も裸足にさせて歩かせたりしながら知育玩具もなるべく木製のモノを選んでいます。

まずは知育教育の原点になるようなものを与えておきたい時期になります。

現代の玩具は、多種多様で選択するのは難しいとは思います。子供への誕生日プレゼントは、自然と戯れるようなものが多く販売してますのでなるべく選んで買い与えてきました。

 

3歳児

3歳程度に成長してきた時には、私の場合は電車に深く興味を持っていた事もあってプラレールのセットをプレゼントしました。このプラレールも、完全にハマリ一日中でも、遊ぶ事が出来そうな位の集中でした。

そして私の場合は3歳半になると、さらにアニメや飛行機等様々な物に興味が惹かれていく時期になります。3歳〜6歳ぐらいまでにある程度の興味の傾向は決まっていきますので、子供の成長を託す様な知育玩具を選んで行きたいところです。

 

まとめ

このように子供へのプレゼントというのは、年齢と我が子の興味を観察しての成長の過程や両親の方針によって随分変わっていきます。より自然に近い物を触れさせる事によって、子供の感性を豊かにするという知育玩具の基本だと思います。

知育玩具を探してみる

 

Sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です