貧乏な彼氏からの気持ちがあったかくなる誕生日プレゼント

taikendan-image

Sponsored link



私は手芸が大好きな彼氏とお付き合いをしたことがあります。物を作る仕事をしたいと言っていて、それまでも彼が様々なもの作りをしているところを目にしました。

私の友達は「女々しくて無理」とか「女の子みたいな趣味」だとか馬鹿にしていました。ですが私は彼の物づくりに対して一生懸命に取り組む姿を見ていたら、かっこいいなぁと思いました。

彼はいつも貧乏で、デートするのは毎回お決まりの喫茶店でコーヒーを一杯だけ頼んで話をするという感じです。周りにこの話をすると可哀想と言う目で見られて理解されなかったですが、でもそれでも私には彼と会える時間が楽しみで嬉しかったです。

そんな彼が私の誕生日にくれたプレゼントは手編みのマフラーでした。

男性が手編みなんてと思うでしょう。

でもお店で売っているような上質な手編みのマフラーなんです。真っ白のマフラーと薄い茶色のマフラーですっごく可愛かったです。

私の誕生日は12月なのですが、季節的に丁度ぴったりのプレゼントでした。マフラーをするととてもあったかっくて彼の気持ちのあったかさを感じました。それほどお金はかけていません。それは分かっているのになんだか嬉しかったです。高級なジュエリーをプレゼントされるよりもずっと嬉しかったです。

貰った時には「お金をかけたプレゼントじゃなくてごめんね」と彼に謝られました。

彼は貧乏で私にお金をかえてあげられないことがすごく心苦しそうでした。でも私はそういうのではないと思います。

お金持ちの男性は世の中に一杯いますが、私に心のこもったプレゼントができる男性は彼しかいません。こんなに手間がかかる気持ちのこもったプレゼントをもらえて、私は嬉しかったです。

現在も大切に使っています。

Sponsored link

1 個のコメント

  • 同じく、最大に共感致します
    結婚して17年目、子ども3人。45歳の誕生日プレゼントに、同い年の永遠に愛する大好きな妻が 、今、マフラーを手編みしてくれています

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です