友達の誕生日プレゼントが偶然の一致で被ったお話

4a11c6abfc2b372da58390427a314c42_s

Sponsored link



同じ誕生日プレゼントをもらった事はありますか?
今回はそれも4つもです。。。

そんな嘘のような本当にあったエピソードを送ってもらいましたのでご紹介します。

同じ誕生日プレゼントをもらったエピソード

誕生日プレゼントを貰う事は大変うれしい事です。私自身もこれまでに友人から幾回かプレゼントを貰った事があります。プレゼントのやり取りを頻繁に行うような間柄の友人はそれほど多くは無かったので、プレゼントが貰えた誕生日は稀有でした。

過去に最も多かったプレゼントの個数は7つ、19歳の時でした。高校卒業後にも連絡を取り合っていた友人と、高校卒業後に出会った友人からもらいました。
誕生日パーティを行ったわけではなく、一人一人バラバラにくれるというものでした。プレゼントを手渡された瞬間と言うものは何とも嬉しいもので、中にはクリスマスプレゼントのようにリボンを付けてくれた人もいました。

ただし嬉しかったのは嬉しかったのですが、7個のプレゼントの内、実に4つもの腕時計がプレゼントされたのです。チープでちゃっちいものではなく、そこそこ高価そうなものでした。

ハンカチや靴下等々プレゼントの定番は数多ありますが、腕時計が4つもダブるというのは驚きましたが、同時に戸惑いもありました。

被ってしまった腕時計

最も困ったのが誕生日以降でした。折角誕生日プレゼントを貰った手前、プレゼントを身に着けない訳にはいきません。しかし腕時計など基本的に一つしか身につけません。

黒い腕時計をプレゼントした友人の前に白い腕時計を着けて現れてはあからさまに失礼ですし、かといって身に着けないのも不自然です。どの腕時計を着けて出かけるかには大いに悩みました。プレゼントは嬉しいものですが、まさかこれほどまでに悩まされるとは思いもよりませんでした。

結局外出時はカバンの中に4つの腕時計すべてを入れて出かけるようにしました。友人に遭遇すればその都度カバンから時計を取り出してお礼を言うようにしたのです。

少々面倒ではありましたが、失礼にはならなかったかと思います。困ったような嬉しいような。。。

 

Sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です