彼氏彼女の誕生日に効果的なラインの送り方は6つのポイントが重要!

line-send

Sponsored link



プレゼント選びも重要ですが、LINEやメールでメッセージを送ると効果的です。

恋人の誕生日にラインでメッセージを送りたいけど、どんな事を送ればいいのか分からないという人は多いと思います。

年に一度の誕生日には、口に出すのは恥ずかしい事もスタンプを添えてなら出しやすいですよね。
ラインだからこそ出来る誕生日メッセージの書き方のコツを紹介します。

効果的なラインを贈る6つのポイント

言葉はシンプルに

まず必要な言葉と言えば「誕生日おめでとう!」というコトバ。
これは変に凝らないでシンプルな方がいいと思います。

メールだとありなんですが、ラインの場合は特に文章も長々と書かずにシンプルな方が印象がいいです。

誕生日に日付が変わった1時間以内にメッセージを送る

朝の通勤時間とかではなくて、12:00をすぎて少なくとも1時間以内に送るのは相手にとっても嬉しい事です。
ちゃんと覚えているよっていうメッセージにもなるし、好きな人には一番に送りたいですよね。

過去の事は書かず未来の事を書く

過去の事を書くのは悪くはないですが2人の将来の事をメッセージに含む方が、ずっと一緒という意味が含められて印象がいいです。

「夏休みに○○にいって楽しかったね!」という文章は悪くはないですが、「今度の夏休みは○○に絶対一緒に行こうね」「来年も誕生日を一緒に迎えようね」の方が明るい感じがして良くないでしょうか?

スタンプも添えて感謝のコトバを書く

付き合いが長いとなかなか恥ずかしくて言えないような愛のコトバや感謝の気持ち。

そんな言葉もラインでならスタンプもあるし送りやすいと思います。
誕生日系のスタンプと一緒に送りましょう。

文末に日付をいれる

日付を入れると文章もしまって特別な日というメッセージが込められます。

「○○年○○月○○日 ■■より」みたいなかんじで最後に入れましょう。

グリーディングカードを使う

ラインの公式アプリで「LINE Card」(無料)があります。
「LINE Card」はグリーティングカードアプリです。

目的ごとにデザインされたメッセージカードに好きな写真やメッセージを載せて送る事が出来ます。

シンプルなデザインからキャラクターものまで自分の写真を加えて送れるので、メッセージを入れた後に一緒に送るのも思い出になっていいと思います。

iOSの方はこちらからダウンロード(AppStore)
Androidの方はこちらからダウンロード(Google PLAY)

 

まとめ

  1. 言葉はシンプルに!
  2. 誕生日に日付が変わった1時間以内にメッセージを送る
  3. 過去の事は書かず未来の事を書く
  4. 年に一度の誕生日にはスタンプも添えて感謝のコトバを書いてみる。
  5. 文末に日付をいれる
  6. グリーディングカードを使う

 

 

Sponsored link

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です